3年前の仲間

FBで「3年前の今日の投稿」的なやつで出てきたエアーズロックの写真をきっかけに、当時一緒に旅行をした友人とご飯にいった。あのときの話は尽きないなー…

当時の旅行とは

オーストラリアにいた時代に、ツアーガイド仲間と一緒に行ったラウンド*1を指す。私の場合はハーフラウンドになるのだが、ちょうど1ヶ月間で下記の経路で各地をたどった。

  1. シドニーを出発、飛行機でタスマニア ホバート
  2. ホバートからデヴォンポートまで車で北上(タスマニアをほぼ縦断)
  3. デヴォンポートからメルボルンまでSpilits of Tasmania (船)で移動
  4. メルボルンからパースまで飛行機で移動
  5. パースからアデレードまでIndian Pacific (電車)で移動、ちなみに2泊3日の電車旅
  6. アデレードからアリススプリングスまでThe Ghan(電車)で移動、ちなみに1泊2日
  7. アリススプリングスからエアーズロックまでバスで移動
  8. エアーズロックからシドニーへ帰る、旅完了

出かける前は「生きて帰れるかな…」なんて言ってたけど、大きな事故も問題もなく、楽しさいっぱいの旅だった。
懐かし話をして大いに盛り上がったのはこんな場面だった。

パンを恵んでもらいにいく@タスマニア

ビンボー旅行だったので切り詰められる部分は頑張った結果、食費が犠牲を強いられた。
タスマニアホバート在住の友人によると、夜にどこぞの広場でパンを配っているという。それは行くしかないでしょ!というこで行くことにしたのだが、配布を教えてくれた友人から、「できるだけみすぼらしい服で行った方が良い。そのほうがいっぱい貰える。」というアドバイスがあった。み…みすぼらしい…?とりあえず簡素な服で行き、パンを無事貰うことができた。このパンは翌日のランチまでもった。

なんでパン配ってる?

蓋を開けてみたら合点、これは日本でいうところの "炊き出し" だった。主に浮浪者向けに、地元のパン屋がその日売れ残ったパンを配っていたのだ。だから「できるだけみすぼらしい服で」だったのだ。
正直、人として何か大事なものを捨てた気がするが、生きるためにはパンが必要だったのだ。仕方ない!
翌日ランチタイムにワイングラスベイで食べたパンは至福だった。食料確保は大事。

念のため

各地を回った際は、ちゃんと各地のビール工場*2でビール飲んだり、各地の特産物(牡蛎とか)も食べたり
しました。


まだまだ「キュウリむさぼり食う」事件など色々あるが、また次にしよう。
おしまい

https://www.gsr-japan.com/trains/index.html

https://www.spiritoftasmania.com.au

*1:オーストラリアをグルッと一周する旅行のこと

*2:オーストラリアは州ごとに名産ビールがある

最近忙しいな。

忙しいことは良いことだと思う。ただし、精神がしっかりしている場合に限る。

ここ数ヶ月

私の業務内容は

  • 週次と月次の作業というものがあり、
  • そこに突発対応が過分に入り、
  • さらに年に2回作業といったものがあり、
  • 法定作業なんかもあり、
  • 今の時期はとあるプロジェクトの作業もある。

「分量キツイです....」と言ったことはない。上長からアサインされる仕事だけではなく、自分で「これやってみよう」という仕事を見つけられる環境にあるのだから幸せだと思う。
でも本音を言うと最近ちょっと辛くて家で不機嫌になる(笑)旦那さんごめんね。

辛くなる原因が仕事量ではない事は確か。
辛くなる原因は「私の仕事が社内における底辺の仕事として思われる事」にある。

私の仕事は・・

社員を支えて、社員にとって”良い”会社をつくってゆくことだと思っている。でも、社員からは何をしている部署なのかはっきり見えていないと思うし、暇そう~と思われてるんだろうなと感じる。(暇なんてないよ。)
もちろん、私のいる部署は会社の売上げが生まれる部署ではない。だからこそ、売上げを生む部署の皆さんのためにも感謝の気持ちを持って、良い環境整備しますね!会社の無駄をなくしていきますね!と仕事をしたいと思ってる(私個人の意見ですが)。
でも、私は決して底辺ではない。
そもそも、会社に底辺の仕事なんて無いと思っている。全ての仕事は横並びで持ちつ持たれつだと思う。
だから、「なんでそんなこともやっといてくれないの」的な威圧を受けると悲しくなる。(※ちなみに「そんなこと」はこちらはとっくに対応済みなのに、他社の対応が超遅れているために完了していないわけで、こちらに非はない。)

今日は

そんなこんなで辛くなって、レッド●ル2本取り込んでも仕事の効率は上がらなかった。ブラックコーヒー追加してもダメだった。
そんな日もあるよね、ということで済ますことにしよう...連休何しようかなー

さて下のの写真は昔々のとある大学院時代の私のデスク。2時間睡眠を続けた4日目はこんなだった。あの頃は完徹2日とかしたけどもう無理だなー。

f:id:rumi-t:20180502210213j:plain:w500
半分捨ててこの状況だった

セーラームーン

20年以上ぶりにセーラームーンの映画版を見たら、思った以上に愛と勇気と友情に満ちていた…

世代的には初期セーラームーンにジャストミートな訳だが、家が厳しくてあまり見ることができず、放送された直後の学校では肩身が狭かった覚えがある。つらい。

あんまりアニメ見られなかった割には、ルパン三世シティーハンターとまもちゃんが好きだったなー(タイプバラバラやん

タイピング音

タイピング音が気になる、嫌いだ。という意見を聞くことがあるが、私は好きだ。

  • 爪の長い女性のタイピング音:パチパチという高めの音
  • タイピングの早い人の音
  • 青軸や茶軸の音:カタカタカタという音

どれも好き。

自分のタイピングが遅いため、他の人の早いタイプ音を聞くと「すご~~い」とか「ほほ~~」という楽しい気持ちになる。
なので全然嫌な音じゃないし、聞きたいし、むしろ聞いてると心地よく寝れそう。

どんどん打ってくれ!

歩きスマホに思うこと

出しつくされた感のあるネタだが、言いたくなったので書く事にする。

基本的に歩きスマホは許さない

でも許容範囲はある

私は基本的に歩きスマホを許さない。でも許容範囲はある。例えば、地図見てるとか、小説読んでるとか。

  1. 地図見てる
    • 初めての場所なのかな。探さないと着けないよね。うんうん、まあ仕方ない。
  2. ニュース見てる・読んでる
    • 世の動向は気になるけど、NOW ON TIME で読みたいですか。うんうーん...まぁいいかな。っていうか良く歩きながら読めるね。
  3. 小説・マンガ読んでる
    • 二宮金次郎なのかな。動きながら読むと頭に入りやすいって聞くけども、うーんうーーん...まぁ....そういう時もあるのかな。っていうかよく歩きながら読めるね。

私の許容範囲はここまで。狭いだろうか?
そもそも、歩きながらだと画面がブレて見にくくないですか?私は裸眼で両目1.5ですが読めません。

許せない人と言えば

それはゲームをしながら歩いている人です。
そのガチャはいま回さないといけないですか?そのボタンはいま押さないとだめですか?
そんなに大事な操作なら、立ち止まって操作しようよ。その方が良いタイミングでボタン押せるんじゃないですか。


高速道路の渋滞は、先頭車両のスピードがほんの少し遅くなることで起きて後続に連鎖していきます。公共の歩道も同じ。
朝のラッシュで駅や歩道が詰まっていてノロノロしか動かないのであれば、せめて自分のスマホをポケットに入れて、歩くことに集中して欲しい。そうすれば自分の後続は自分と同じ、もしくは自分の前にいる人とスピードで歩くことが出来る。これでわずかにノロノロ解消。

スマホを使えど、スマホに使われてはいけない。
一度立ち止まって考えて欲しいものだ。自分も一層気をつけていきたい。


おしまい

よく泣く

fuluでドラマを見終わったら、たまたまコウノトリが続けて流れたのでそのまま見た。
…もうダメだああぁぁぁ…
2話見ただけで箱テッシュがなくなった。何回も見てるのになぁ…今日はここまでにしておこう。

昔から涙もろい性格ではあったが、歳取るたびにどんどん涙腺崩壊してゆく。

母曰く「私は出産してから涙もろくなったわ」とのこと。

えーと…私はまだ子はいないんですが、このままいくと私は目が溶けてしまうんでしょうか。自分観察していこう。


(22:30追記)
www.foxmovies-jp.com

案の定泣いた。。
歌って踊るヒュー・ジャックマンはやはり最高…
彼は決してコスプレ系俳優(ウル●リン)ではない!元々はミュージカル出身なのです。
ヒュー・ジャックマンについて語りだすと止まらなくなるのでここまでにしとく。