読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリスマスだった話

日常

昨日から通常モードだったとはいえ、先週末はクリスマスだった。

例年、クリスマスといえば昼間にデートして夜は家に帰って家族とご飯、というのがパターンだった。
なぜなら、12月25日は父の誕生日だからである。
私がクリスマス誕生日ケーキを買って帰る、これが通常。

でも今年は初めてのパターンだった。(海外滞在時は除く。)

24日も25日も、ずっと、彼と一緒。
24日はイルミネーション見に行って、
25日には彼が予約してくれていたクリスマスディナー。

リア充か。

リア充だな。

正直、同棲中なのだから彼とは毎日一緒にいるわけだが。
でも、彼がレストランの予約をしてくれてご飯に行く、っていうのは実は人生で初めてだったりする。。
(今までに私が予約することはあったけど、私の知らないうちに予約してくれたのは初。今までの彼氏の中で初めて。)

白状すると、すっっごくうれしかった。
私幸せ者だなーと。

一方、家族には23日に会いに行って、一足早めのケーキとプレゼントを渡した。
25日に会えなくてごめんね、とすごく申し訳なかった。
家族は理解を示してくれたけど...ごめんね。ありがとう。

これからの時間、あと何年・何回、両親と時を過ごせるのか、これを考えると涙が止まらなくなるので、とりあえずは横に置いておく。

とにもかくにも、
私は幸せだ。本当に幸せ。