読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年末年始の話

あけおめ ことよろ
という言葉が流行っていたのはいつだったか。私はど真ん中の世代のはずだが。。
改めまして、
明けましておめでとうございます。

世間のサラリーマンと同じく、私の年末年始休業は12/29~1/3でした。
短いなー。。

私の年末休みは体調不良と共に始まった。
12/28、私の職場は大掃除の日だった。午前中から快調にお掃除。午後の2時に無事終了。
だがしかし、突然の異変は午後3時頃から始まったのであった。

猛烈な下腹部痛&吐き気&だるさ時々震え

ナニコレ。
昼食は普通に食べられたし、同じもの食べた人は体調悪くなってないし。
急いで“腹痛 吐き気”でググるも、出てくる結果は「食中毒」ばかり。

いや、この感覚は違う
と自己診断。でも原因は分からない。

午後5時、仕事を納めて論文作業の部屋へ移る。
引き続き体調は悪い。部屋は暖房で暖かいが体の芯が冷える感覚で寒い。震えてくる。

何でも持っている指導教員に体温計を借りて測定。
なんと微熱、37.5度。
e?ナンデ?

通常の体温が36度以下の私にとって、この体温は微熱の範疇ではない。
この体調では家に帰れなくなる可能性もあり、早々に論文作業も納めて帰宅の途についた。

職場付近まで彼が迎えに来てくれ、フラフラしながらなんとか家につき、
速攻で葛根湯服用、そして就寝。
午後9時前に寝るとか・・・何年ぶり?

寝込んでいる訳には行かなかった。
なぜなら、翌日12/29から2泊3日で彼の地元へ一緒に帰省することになっていたのだ。
そして12/31から自分の実家へ1泊も決定事項だった。

なぜ、、、こんなにも盛りだくさんの年末、、、?
ゆっくりのんびりジャージ姿で家に居たいのが願望なのに。

かくして、葛根湯の力を借りて一晩で全快になり、全ての年末年始予定をこなした。
私、頑丈。