読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年の2月に仕事を変えた話 その1

さて、どこから話したらいいものか。

去年の7月末にオーストラリアから帰ってきて約1か月はブラブラしていた。
ブラブラというか、気が付いたら過ぎていた、というのが正しいかもしれない。

遡ること2年前、オーストラリアに行く前は大学で非常勤として働きつつ、自分の学位のための研究も並行して行っていた。それらをほっぽりだして留学し、日本へ帰国したわけだが、まだ学位申請の機会が私には残っていた。幸いにも。

という事で、再び大学研究室へ戻り、週1で研究室業務を行う傍ら学位申請準備(要するに論文執筆)をする事を許してもらった。
しかしながら週1の微々たる収入では生活ができないわけで...実家暮らしだったけど。一度は自立して生活したのだから、再び“低収入&実家暮らし”のWパンチに戻ることは自分的に許せなかったのだ。
そんな折に、とある会社でバリバリ働く先輩からありがたいお言葉を頂いたのだった。

バイトを雇おうと思ってるんだけど、もし募集あったら応募する?

先輩は神様ですか。

スルリスルリと話はまとまり、私は先輩の在籍する会社にてアルバイトの身分を頂き、先輩の隣のデスクで仕事をすることになった。
それはそれは良い会社で、もう本当に最高の会社で、、、この話は機会があればその時に。

かくして私は3足のわらじをはく独女となった。(この時は彼氏ナシ<3)

  1. 会社アルバイトの女
  2. 大学研究室非常勤の女
  3. オーバードクターとして論文執筆する女

収入としての重要度はもちろん1>2>3。
でも自分の人生としての重要度は3>1>2。
別に大学での業務を軽んじている訳では無いが、慣れた作業なのでもはや日常業務の範疇。。

ということで、2015年9月~2016年1月末に存在した3足わらじ女誕生の話だったのでした。
つづく。